Il Sellaio

セラフィニレザーグッズ

1948年以来のローマ

私たちの歴史

名工のフェルッチョ・セラフィーニは、1933年に第二次世界大戦の爆撃を受けてローマで生まれ、学校に行けなくなり、革への愛情と芸術を発見し始めました。
長年にわたり、彼の情熱と決意は、馬のサドルとフィニッシュの製造、および厳密に手作りされたブーツと靴の製造の両方で、サドルメーカーとしての地位を確立することにつながりました。
60年代に、彼の能力とスキルにより、マーロンブランド、ケネディ兄弟、アンナマニャーニ、リズテイラーと夫のリチャードバートンなどのクライアントの間で、当時のファッション性の高い基準点になりました。 さらに、ベン・ハー、クレオパトラ、クオ・ヴァディスなどの巨大な巨像の中でマエストロ・セラフィーニによって制作された多くの革製品があります。
現在、年月の経過とグローバル化に伴い、真の職人製品は明らかに、耐性が低く貴重な材料を使用した低品質のバッグに対処するために降格されています。
末娘のフランチェスカ・セラフィーニは、本物の「ハンドメイド」と本物の「本革」をチャレンジとしてリニューアルすることを決意し、常に過去を見据えた味わい深いバッグの新ラインを生み出しました。
2009年、フェルッチョセラフィーニは、ローマ市長のジャンニアレマンノから「マスタークラフトマン」として表彰されました。
2011年に、ジャーナリスト作家のEugenio Occorsioが、Ferruccioの物語の中で、本SPQR these Romans AreProductiveを執筆しました。
Il Sellaio 1948年以来のローマの手作り革製品

GALLERY

私たちと私たちの職人研究所

私たちの革

なめし段階では、植物性タンニンと動物性脂肪のみが使用されるため、革は透明性と緑青が得られ、使用すると目と手触りがより快適になります。
バッグ、アクセサリー、靴の製造に使用される素材は次のとおりです。
天然油でバレルに染められた植物性のなめし革
滑らかなまたは印刷されたフルグレインカーフスキン
裏地にはスエードまたはペカリーを使用しています

SELLAIOの新世代
フランチェスカとルイージ

2015年以来、フランチェスカセラフィーニと彼女の夫、ルイジスキャンデールは、長年の教育の末、完全に手作業で作成するというこの素晴らしい伝統を継続するための情熱と何よりも技術を私たちに伝えてきた偉大なマエストロフェルッチョの父の歴史的活動を引き継いでいます。カット、組み立て、ステッチなどから)

私たちの使命は、最高の素材の研究とモデルの研究です。 今世紀の課題はグリーンであるため、私たちは常にタンニンを含む植物性のなめし革を使用しており、「クロム」などの汚染化学物質は使用していません。

私たちのモットーは、「群衆から目立つようにしよう」ということです。